バレンタインデーに

ジョンスコット・ワークショップもついに最終日となりました。ギブ・ミー・チョコレートとはひとっことも言ってないのに、クラス後にはチョコとギブ・ミー・サインの輪に囲まれてました。超有名ヨガ・インストラクターとはいえ、こんな風にサイン攻めにあった経験はほとんど無かったらしく、日本人として恥ずかしいんだか素直でよろしいんだかわかりませんが、とにかくジョン先生は大変お喜びだったようです。クラスの後にYOGAYOMU(tokyo-yoga.comで発行してるヨガ・フリーペーパーです)の取材で寿司屋(笑い)に行ったとき、こんどは秋くらいにまた来たいなぁ〜って言ってたそうです。

今日のマイソール・ワークショップ最終日では「呼吸の流れに乗って、なんも考えずにやってよーん」とルーシーと2人に注意されながらも(アシスタントのデニスは「おっ、また来たね!待ってたよ!!みたいな感じなんだけど(^^;)、ヨガ・インストラクターの端くれとして、いろんなレベルの生徒さんに伝えていく事を前提とした質問に終始させて頂きました。もちろんその趣旨を完全理解して頂き、アジャストの方向性含めて完璧なコーチングしてくれました。一週間、有難うございました。そして、ルーシー、デニス。チョコはくれなかったけど(あたりまえか。欧米では男の人がプレゼントする日なんですか?あげなかった残念。)、2人がいたからこそのピースフルなワークショップ、本当に楽しかったです。

そういえば去年のバレンタインデーの辺り、その頃僕はインドから帰ってきて一ヶ月くらいで、まだアシュタンガ・ヨガのクラスが少なかったので、クラスも3、40人は当たり前!祭りだ、祭り!ワッショイ!!的日々が続いていました。で、いらしてる生徒さんも、その頃はほとんどが女性の方「だったのにもかかわらず」貰えたチョコレートは一個だけ、妻にいたってはバレンタインデーの存在自体忘れててもちろんくれず、勘違いしないで済んだ素晴らしい思い出があります。

なんと今年は複数もらえました。ヨガの神様、ありがとう!!とりあえずやってた甲斐ありました!!たまには成果を求めたくなる俗な僕ですが、見守ってくださいまし!!

ジョンのワークショップのオーガナイズでお疲れだったタリックの代行で夜のマイソールクラスを終えた後、ちょっと練習しすぎたので「明日は練習休むぞぉ〜」と「てんや」でひっさしぶりにキスの天ぷら食べてお魚さんにも感謝しときました。これがホントのバレンタインデー・キッスなんつってごめんなさいm(_ _)m