気づきのきっかけいろいろ

昨日は朝のマイソールクラス後にバク睡しちまい、雑誌「Hanako」の取材の時間の30分後に起床(^^;、慌ててスタジオに行きました。
起きてすぐにバイク飛ばして、ポーズ取ったりお話したりってのは時々やっちゃうけど、カラダは兎も角 アタマは軽いから、お話しながら気づける事が多いな。

取材を受けたりとか、ヨガのクラスをするのもそうだけど、それをやってる時の(緊張感含めた)集中が、自分の中から気づきを生んでくれるから、やってるようなもんだし、まだまだ対象が無いと、なかなか集中も気づきも生みづらいっつか一山越え切れないレベルだし。

この前はるさんと、言葉→論理の限界についてとかなんちゃら話すってゆーかブツブツ言い合ったりして、はるさんは最近カラダへの関心を深めながら、また文章を書き始めたとか聞いてて、なんか僕も「自分が気づく為に表現する」ことへ恐れが消えてきたみたいで、軽くなってきました。

そうだ、自分と世界の境界を無くしたいから表現してたの、思い出した。

今日から夏休みだったらしくて愛・地球博は人が多い(^^;
(後から聞いたら、この日は夏休み初日&ゲロ暑で、人出は少なかったそうです。ほんまかい。生まれてこのかた、あんなにみんながみんな帽子かぶってる光景みた事なかったっス。)

d8d00392.jpg

418d385a.jpg

飛行機乗るんかいレベルの厳重なチェックさ。

75964cd3.jpg

ペットボトルは紙コップに移させられるのさ。ゴミ、増やしてねぇ?しかも中でペットボトル売ってるし。大きくなると、なんでも大変だなぁ〜。

b2570524.jpg

インド館ヨガコーナー前でベタにお座り。

0de3617b.jpg

中国館入り口はキャバクラ状態でした。

とりあえずぐるっと一周して、栄町のビジネスホテルでウィトゲンシュタイン読み返してます。
あ、僕いなくても渋谷のクラスは、いつも通り開講しております。