博多天神ヨガ・到着

広島名物チンチン電車に乗って、デオデオ前(そごう前でもあるけど)から広島駅へ。結局この時から東京に帰るまで、デオデオのでかいピンクの紙袋

f4dae083.jpg

と行動を共にするとは、この時は思いもよらない。

しかもチンチン電車とはいっても、電車によってはかなり近代的。

0d49aa0e.jpg

宿泊費を一泊分浮かせたいと思って深夜バスor夜行列車と思ったけど、寝台列車って高いっスね!!おどれーた。ビジネスホテル、2泊できるよ。旅行気分で一応お土産のもみじ饅頭買ってくか。駅内売店のおばちゃんに相談、「あたしはやっぱり昔ながらの宮島だね」と、もみじ饅頭ワールドの伝統と勢力分布の解説を多少受けたあと、

7391c0e1.jpg

結局また新幹線でなんなく博多着。もう深夜だからいいって言ったのに、博多天神のお洒落スポットで、アシュタンガ・ヨガを教え、彼女曰く「ヨガ場」を運営するアユちゃんが車で向かえにきてくれた。今年の春前に東京で会った以来だな。でも、いまじゃ週20クラスを受け持つ博多を代表するアシュタンガ・ヨガ・インストラクター。さぞかし忙しいしプレッシャーもかかってるだろうに、元気にふるまっちょる。

宿を取っておいてもらったんで、送ってもらう。お、なんかお洒落っぽい場所だな。隣ビームスか。ウチのスタジオの2階3階もビームスだから、親近感倍増。博多でもなんとかやっていきそうな気がしてきた。向かいはカンゴールだな、レゲエ歌ってた頃を思い出すな。

あ、ここがホテルね。なんか高そうなトコじゃない?大丈夫!?

b8012f22.jpg

あ、大丈夫だった。キレイでお値打ちなホテルじゃない。一階のイタ飯屋さん

12e8f2c1.jpg

の朝食が?840で良くてアユちゃん達もよくきてるらしい。あとから博多でヨガやってる生徒さんに聞いたら、ここは東京から来た人がよく泊まってるらしい。便もいいとこだから、なんでもかんでもと欲張りな東京人にも人気あるだろうな。

移動は、やっぱり疲れる。アユちゃんにロビーまで送ってもらって、部屋入って、パッタリいってもーた。
1時間程、バク睡。
ちょっと疲れとれたんで、近辺の散策に出かける博多天神、午前1時。
ずっと重いバックパック背負ってたから手ぶらになりたくて写真は撮ってないけど、にゃんでこんなにお洒落にしてるの?な居酒屋「村さ来」発見。天神のこの地区は、お洒落スポットに特化した方向にビジネスが向かってるんだな。一風堂は、たくさんあるのね。質屋の高山さん、黄色い看板、目立ちすぎ。日曜夜なのに、クラブ帰りかハシゴ中っぽい若人達が多少タバコ臭いお洋服で結構歩き回ってる。

親不孝通りを降りる。ちょっとずつ怪しげになってくるのね。退散。記念になんか喰っとくかと、通り沿いの華さんって屋台で野菜天ぷらと野菜炒めと大根おでん食べながら、エステ店で働く女性3人組と、最近入ったばかりらしい若い店員さんとのトークを横聞き、この近辺の情報を仕入れる。

明日のワークショップが夜のだけだからって、夜更かしし過ぎたな。ホントにバク睡。

8/5、インドからの更新なんでタイムラグはさらに広がりますが、つづく。