僕の無意識は、アッチからくるんだった。

けっこう不特定多数の人と交差する仕事について、知り合いも増えてきて、表現なんだか広報活動なんだかして、人から見られたり、伝える時間や機会も増えた。

いつの間にか「僕の無意識」が、表現する事や見られる対象が増えている事で、さらに鏡のようにハネかえってきてて、見させてもらえてるんだなって、改めて気づいた。

「キツいな」って思ったし思うけど、見せてもらった(見せられちゃった(^^;)時の「僕の反応」を、外から静かに見れたら、いいな。まだまだ「鏡の無い世界」も「無反応」も、寂しい年頃。

そういえば12年前の自分の結婚式で、そんなスピーチしたな。何事も、やっぱり実感するには時間がかかる。理論と実践、からまた理論に、フィードバックかブギーバップか(^^; 今は何パーセントずつかな。