アメリカでアシュタンガ、2日目。

朝5時、起きたら大雨。おいおい「カルフォルニアは今、猛暑で大変」ってニュースで言ってたじゃない!それ見て髪の毛さらに切ったのに、どっちかってゆーと寒いよ!!

傘ないし、もちろん車もないし。つか国道沿いで、一晩中車の音スッゴイうるさかったんじゃないの?(バク睡してたから多少推測)。

とりあえずヨガウェアの上から服来て、マットも持って外に出たんだけど、バス停まで遠いし、昨日さんざん乗って、この辺のバスマップとタイムスケジュールは大体インプットされたから、乗り換えなければならない事は承知してるし、「こりゃ急ぐなって事だな」と迷わず(いやホントは結構悩んだ)国道向かいのスタバへ。

アメリカくんの12年ぶりだし、ニューヨーク位しか知らないけど、やっぱりスタバはどこにでもあるのね。

adafde81.jpg

フルーツ(たけーよ、でもたくさん)食べて、水かって(あ、ミニペットサイズでも800弱なのね)、昨日無人のスタジオの入り口前で貰ったスケジュールみて「12時のヨガクラスに出るか。」と決心。

チェックアウトぎりの11時までまたバク睡してモーテル出たら、晴れてるじゃなーい!!

傘いらずでスタジオへ。

「バス網は、もう完璧よー」と、

bf2afd50.jpg

今度は自主的に、ちゃんとお金を払って一日パスを買い、乗り換えもスムースにこなし、さっくり12時のクラスにでるつもりが、けっこうバスを乗り越した。アメリカは広いのか、狭いのか、もうわからん。

引き返すバスがなかなかこず(一日パス買っといてよかったなー)、結局スタジオ着は12:40。

受付にいたキムさん(アングロサクソン系の女性。西海岸で歌いそうってそりゃベイシンガー)に「遅れちゃったんだけど、クラスでれますかー?」って聞いたら、キムさん、イントラの方に聞いてくれたんだけど、ちょっと途中すぎるのでNGで(そりゃそーだm(_ _)m)クラスの見学しながら、キムさんとお話。

「宿、決めてないんスよー」って言ったら、キムさんイエローペ-ジ持ってきて、あちゃこちゃ電話しまくってくれる。こちとら車借りる気がないから、歩いて通える範囲のホテルは少ないし、どこもたけーなー、だし、結構部屋の空きが無い。西海岸もオンシーズンらしい。

何軒かの電話の後「一週間$400+税」ってインを見つけてくれて、「たぶん歩いて30分くらい」って言われて、結局歩いて2時間後にホテル着。スケールが違うな。あ、また国道沿いだ。車の音、嫌いなのよー。しかもすぐ横を電車も走ってるー。

とはいえ、屋根があるのは素晴らしい。奇麗で広いし。

735bcf78.jpg

でも一人じゃもったいねー、ベッド3台どーすんだよー。朝・昼・晩で交代かぁー?はぁー!?ふと日本のモヒカン女性芸人を思い出す。次は絶対二人以上で来よう。間違って金持ちになってしまう以外は、一人旅はアメリカには向かないようだ。

んで。

今のうちから、ヨガ練習旅行・シェアメイト募集します。一緒にヨガ練習旅行に行ってもいいぜ!!って方は、

warikan@tokyo-yoga.com

までお願いします。お互いにタイミングがあえば、、性別・年齢はなんでもオッケーですが、日常的にアシュタンガヨガの練習をしている方で、お願いします。3,4人とかで行けると、そりゃもう楽しそうですね!!

シャワー浴びて、5時からのティムせんせ「入門クラス」に向かう。さっきは迷ったから、今回は荷物もないし、1時間位で着くかなーと4時にホテルを出るも、最後は全力疾走、なんとか間に合う。

あー、ティムせんせだぁー!!

3年前の冬にマイソール行ったとき、ティムせんせには会った事あって(つか「見た」(^^;何回か喋ったけど、なに言ってんだかよくわかんなかった。)、そん時はウェブ上ではシャラが閉まってる事になってたのもあって、20人位しかいなかったのね。デビッドスウェンソンやジョンスコット、ダルビー達「DVDインストラクターズ」はいたんだけど(営業もしとかなきゃ)、シャラートもサラスワティもシャラに来てなくて、教えてるのはグルジだけで。

そりゃーティムせんせは、チョー大ベテランの先生で、僕はぺーぺーのイントラで、もちろん経験も立場も違ったんだけど、グルジの前では、誰でも一人の生徒・練習生なわけで、そのへんはヨガのいいトコよね。

で、「先生として」のティムせんせに会うのは、初めて。クラス出るのも、初めて。

いい先生だぁー。

今年の頭に、ジェイソンってティムに6年教わってる生徒が、3ヶ月間タリックの代行で東京に来てて、一緒に暮らしてたのね。時々、一緒に練習してて、ほんと真面目にいい練習してるのみてて、きっといい先生なんだろーなーと思ってたけど、やっぱしなーって。

この人に会いに、この人がやってるスタジオを観にココに来て、良かったー。