20年越しでの大多摩温泉湯めぐりラリー

天気がいいから、「紅葉を見ながら温泉につかろう」と思って奥多摩に行った。

大多摩の日帰り温泉は「数馬の湯」「つるつる温泉」「もえぎの湯」「のめこい湯」とつかってきて、今日はじめて行った「小菅の湯」で、ついに「大多摩湯めぐりスタンプラリー」に参加してる5つの温泉に、全部つかった事になった。

0bb8558e.jpg

スタンプラリーでは「5ヶ月以内に全部の温泉をめぐるとペアで温泉無料」なんだけど、最初に数馬の湯まで原付で行ったのが高校生の時だから「20数年越しで」なので、特にサービスは受けられなかった。

奥多摩自体が好きだから、どこの温泉も好きなんだけど、「小菅の湯」は特によかった。

交通の便は良くないけど、なのに沢山の人が来てた。わかるわかる。今日は中央高速の上野原IC経由で行って、この時期の道のりは紅葉がちょうどいい。トレッキング系のカッコをしたご年配の方や、食堂でパンツを3枚重ね着してる若いバイカーの方、いろんな人が来てる。

かなりの「高アルカリ性温泉」らしいけど、うん、効く気がする。つるつるしたお湯。ベッドまである仮眠室は、「男」と「女」で入り口が別れてるんだけど、入ると実は同じ部屋で(^^;、横になった瞬間に落ちた。ご飯も「ヘルシー系」にメニューも工夫されてて、この手の施設の割りには高いけど(定食1000円ちょいくらい)、おいしかった。

通路で「ナマステ」っていう、自然文化誌研究会ってNPOの会報をみつけた。「環境学習指導者」の養成講座を、会が設立して「31年越しで」、ついに始めたらしい。

c3de8ade.jpg