神南プラクティス、クラスフィー等の変更について

12月より、神南プラクティスのクラススケジュールと、クラスフィーのシステムが、また(^^;変わります。

渋谷に移り、レンタルスタジオ・アイオスにて「tokyo-yoga.com」としてヨガスクールを開講して4年目、神南プラクティスがスタートして3年目。ヨガを取り巻く環境と共に、神プラで練習される練習生の方々の、ヨガとの付き合い方、ライフスタイルも変わってきました。

「なるべく、コンスタントに」練習生の方々が練習を続けられるようにと、いままでもスタジオ運営を心がけてきたつもりですし、これからも、そうありたいと思っています。

神南プラクティスは、アシュタンガ・ヨガのスタジオです。アシュタンガ・ヨガは、マイソールスタイルで伝えられるのが、やっぱりいいんじゃないかなーと、もともと、そういうヨガなんじゃないかなーと、僕たちは思っています。だから、マイソールスタイルをメインにしたスタジオとして、進化していきたいと思っています。

神南プラクティスは、小さなスタジオです。一度に練習できる人数も、当然限られています。インストラクターが、一度に観ることができる練習生の人数もまた、限られていますから、この「小ささ」が、アシュタンガ・ヨガスタジオとしては、ちょうど良いとも、思っています。グルジが何十年も教えていた最初のスタジオは、12人しか入れなかったから、それもアシュタンガ・ヨガの「トラディッショナルの一部」とも思っています。でも、スタジオに入りきれなくて、お待ちになってる練習生の方をみると、心苦しく感じることも、確かにあります。

アシュタンガ・ヨガを続けていくと、次第に練習の頻度が上がっていく事が多いですね。だんだんと「毎日練習をする事」が、アシュタンガ・ヨガなんだと、気づいていく方も多いと思いますし、じっさい、神プラで練習される多くの方が、そうゆう道を辿っていくのを見てきました。

限られたスペースの中で、インストラクターの限られた視覚・感覚と四肢の中で、東京という場所で、練習生の方々の「毎日の練習」環境を維持できるベストなシステムに近づけるように、僕たちはクラスフィーのシステムを変更をする事を決めました。「夜の時間しか練習できない練習生の方々の、コンスタントな練習」への対策は、またさらに考慮する必要があると思っています。

ご理解していただける事を、希望します。

また、同じ理由から、いままで「2人交代」で行ってきた朝のマイソールクラスを、12月からは「3人編成」で行うことになりました。

12月より、朝練パスは、月〜土曜の5:30〜12:00、いつからでも練習できる「朝練フリーパス」と、8:30〜練習できる「朝練遅パス」に分けられます。

12/3からは、日曜マイソールクラス後11:00〜12:30にプライマリーシリーズのレッドクラスが始まります。

変更についての詳細は、東京ヨガ20にて、補足説明はコチラ、にてご確認くださいませ。