デビッドスウェンソン/セカンドTT2日目@エディンバラの2

昨日の夜に、また買っておいたインド料理。今日は鞄に入れて鍵をかけて置いたから、無事だった。今日も無かったら、さすがに文句を言おうと思っていた。カバンの中はカレー臭いが、我慢してもらおう。お昼休みの2時間は、余計な移動をしないでキチっと休まないと、体力のない東洋人の僕はカラダがもたないのだ。

後半は、昨日の内容の質疑応答と、ラグーからバカアサナまで。一通り説明とかデモして、最後は、ペアになってアジャストしあってもいいし、グループでディスカッションしてもいいし、自由にやれと。僕は隣にいた人とペアになって、アジャストし合う事にした。

名前聞かなかったから明日確認しなきゃだけど、ペアになった女性の英語は、分かりやすくて助かった。母親はイギリス人だけど、父親はアメリカ人で、彼女はポーランドから来たらしい。「みんな、遠くからきたのねぇ〜って私に言うけど、あなた日本から来たんでしょ?」そう、ここでの「遠くから来た人グランプリ」に関しては、僕はぶっちぎりチャンピオンなのだ。

そういえば、日本を出てから、あまり人と話してなかった。そういえば最近ちょっとキツくなってきてたんだけど、彼女と話したからか、今日は少し楽になってる。

人と話すのは大切だ。昨晩、ひとり寂しくテレビをつけたら「いろんなモノの中毒の人達」アルコールとかクレジットカードとかに依存しちゃった人達が、テレビでいろいろ話す番組やってたけど、なにしろ「コミュニケーションを誰かととる」事は大切だし、救いだ。その「場所」は、誰かが作らなきゃ。

僕達は「ヨガ」っていう、まるで一人でも生きて行けるような、まるで人間を越えちゃうようなアプローチと付き合っているわけだけど、逆に、だからこそ仲間が必要だとも、良く思う。じゃないと、いつおかしなところに飲み込まれちゃうかも分からない。本当に強い「人間」なんかそうはいないし、寂しいのは僕だけじゃないはず。

デビッドは、アシュタンガヨガインストラクターとして、誰かれになんやかんや言われても「テーチャーズトレーニング」を続け、世界を周りながら「コミュニケーションの有り様」を問い続けているんじゃないかと、僕は思ってる。僕も、メディアを利用し利用されながら、グログ書いて恥かきながら、そのアプローチについては賛同し、その経験を共有させてもらいたいと思ってる。

セッションの途中で、デビッドが「シェリーが「ハロー!」って言ってたよ」と言いに来た。シェリーはデビッドの奥さん。世界の何処を旅してても、デビッドは毎日奥さんに電話するんだそうだ。最初にマイソールでデビッドに会った時にシェリーと話した事はあるけど、たぶん僕の事は覚えていないはず。

年末に、ゴアで行われるシャラートのリトリートに、シェリーは2週間、デビッドは一週間参加するらしい。僕も2週間参加するから、こんどは本当に覚えてもらおう。そこでロルフにもタリックにも会えるし、やっとハーミッシュにも会える。