デビッドスウェンソン/セカンドTT3日目@エディンバラの1

12/13(水)
5:00起床。東京にいるときだと「やばい、急いで練習しなきゃ!」ってお寝坊タイムなのだが、ここはスコットランド。しかも生徒。まだ寝ててよいのだ。

7:00にシャワーを浴びて、歩いて2分のスタジオに8:15に着く。
午前中にペアになったのは、カナダからきたEmma。いつもは外国人の人の名前もカタカナで書くけど「エンマ」だと大王みたいだ。EmmaでもDJみたいだけど。

二人ともペア探しにあぶれて、なんとなくペアになって、初めて話した。最初に彼女が練習、僕がアシストの担当。何回かアジャストした後に「あなたは英語で教えているの?日本語で教えているの?」と聞かれた。

彼女はモントリオールでダルビーに教わっていたらしい。で、今はカナダの中西部で「大きな」ヨガスタジオ(いま練習しているユニオンヨガも、東京レベルだと相当大きくて、アシュタンガ的にきっちりマット敷けば(^^;80枚は敷けるんだけど、ここより大きいって言ってた)を経営している。そのスタジオで、彼女は20クラス(!)を担当していて、アシュタンガ以外のヨガや、ピラテスクラスもやってるらしい。

「僕達もアシュタンガスタジオを運営しているんだ」って辺りから、マットの横で座り込んでの話が長くなりすぎ、デビッドが来て「そろそろchamaの練習の番だよ」って(^^;

エンマは、マイソールスタイルでは教えていない。時期が来たら、マイソールスタイルで教えたいし、スタジオでもマイソールクラスをやりたいそうだ。でも「スキル」の面でも「スタジオ運営」の面でも、なかなか難しい、それに私以外に教えるインストラクターがいない、、とボヤいていた。