デビッドスウェンソン/セカンドTT4日目@エディンバラの2

午後のセッションは「アシュタンガシステムのプラナヤーマについて」の質問が集中。で、その後「それにはこのポーズが深く関係してるよね」みたいな前フリで、ピンチャマユーラから始まって、最後の7つのヘッドスタンディングまで。

セカンドを最後まで練習してる人は、今回のTTではあまりいないようだ。で、デビッドは、唯一アジアから来ている、言葉も不自由で友達のできなさそうな(^^;僕に配慮してくれてくれてるのか「シャラートには、なんて教わった?」とか「チャマ、いまマイソールでは、どうやってたっけ?」とか、デビッドが知らないわけ無いのに、やたらふってくる。

僕もだんだん乗せられてきて、ずっと恥ずかしくてできなかった「ボランティア(前に出て、ポーズをとってアジャストをされてり、したりする人の事を、デビッドはこう呼ぶ)」になったりしてる。

デビッドが「今のマイソールのやり方」を知らないわけのに、僕にふってくるのには、ワケがあると、僕は思う。確認してないけどね。

ヨガは「オリジナルじゃない」から「先生に教わった事を、そのまんま伝える」のが、当たり前。たぶん。僕はアシュタンガヨガインストラクターとしても若輩だし、ずっとグルジの側にいたわけじゃないから「いろんな大先輩達の多様な経験とアプローチを、なるべく間違わないように翻訳・編集して、伝えて、選択できるようにする」ってアプローチをとっているから、自分はヨギじゃないと思ってる。

デビッドは「昔、グルジに教わった」やり方を、基本的に伝えてる。アシュタンガヨガの総本山は「アシュタンガヨガリサーチインシティテュート」ってゆうくらいで、実験・検証した結果として、多少システムの変更がある事がある。(でも今までなされた変更が、ごくごく僅かだって事も、このシステムを信頼できる所以でもある)。でもデビッドは「60歳の頃のグルジに教わった」やり方でずっと練習してきたからなのか「今のマイソールでは、こうやってるから、こうやりましょー」って事は、ほとんど言わない。

そんなんで最後のグループワークの時間、僕の所に人がよってきて、いろいろ聞いてくる。仕方ないから、デモをしながら今のヴィンヤサカウントを教えてると、デビッドが素知らぬ顔で、横を通る。「これでいいの?」って言ったら「してやったり」って感じで、ニヤっと笑った。

最終日の明日は、ベルリンにアシュタンガスタジオを作る、カールとペアだ。どこの国に来ても、やっぱり男の方が縁ができやすいらしい。早いうちに、ドイツ語の数字だけでも覚えておこうかな。