神南の 夏の思い出 ガッテン篇(五七五)

少年が隣の親父を見限った瞬間、夏。