今日のハトヤ18:30と、今日の寅さん

台風、来てますね。自然、なめてました。
「おいらは東名マスターだもんね〜」とばかりに(伊豆〜名古屋〜渋谷を1回往復しただけなのに(^^;)、なめた態度で16:00渋谷発。まだ小雨だ。台風情報が絶え間なく流れる影響か、車は少ない。17:00、小田原着。小田原に住んでらしたクリパルヨガの三浦先生に、伊豆に引っ越すこと、バイクで通おうかと思ってることを話した時「バイク通勤は、やめといた方がいいよ〜大変だよぉ〜」と軽く言われたことを思いだすが、ふっ、1時間じゃない。東名マスターのオイラなら楽勝楽勝、といい気なもん。

次第に風が強くなってくる。雨はそうでもないんだけど、、けっこう痛い。海が見えてきた。完全にビックサーズデイだ。テトラポットにぶち当たった波が、6階建て分くらいは飛んでやがる。海沿いの有料道路は、すべて通行止めだ。んが、まだまだ危機感はサラサラない。17:55、熱海着。いつもなら「台風に吹かれて飛んできた、お宮で〜す!!」的記念撮影が必須なところ、さすがに「奴」がスローリースローリー近づいてきているのを、全身水浸しのカラダが知っている。お、やっとのことで我が市、伊東市、伊東といえばハトヤ、一枚くらいは記念撮影せねば。

8b5ea1b7.jpg

この水浸しの携帯も、やばいかもな。
さて、そろそろ本格的にヤバそうだ。先を急ごう。

…そして現場。川奈近くの山の横に「突風ゾーン」がありました。走行不可能なのでバイク止めました。走行ばかりかバイクと立ってるのも無理でした。バイク倒しました。自分だけでも立っていられなくなりました。こんな強風にさらされたのは、産まれて40年半で初めてです。ガードレールと倒したバイクの間で低く座って、風がおさまるのを待ちました。あれ?さらに強くなってね?ちょっと気を抜くとガードレールに外に飛び出しそうです。バンダか!?ガードレールを必死でつかみ、そこにいるのがやっとです。こりゃバイクで帰宅は完全に無理だな。ヒッチハイクする時って、親指は上だっけ?下だっけ?あらら陽が落ちて真っ暗になってきたよ。心細いぞぉ〜。プルプルしながら中腰で立ち「たぶん下だな」と親指を下げる。間違っていたら失礼な話だ。それが祟ってか、誰も止まってくれない。そして立つのもやっとで15分、、、

寅さん、登場。
「どうしたんスか?」
「動けなくなっちゃって。どっかの駅まで乗せてくんないっスか?」
「いいっスよ。バイク、端に寄せた方がいいんじゃないっスか?」
「一人じゃ動かせないんスよ。」
「自分、いまカッパ着てますから。」
自分達が立ってるのもやっとの強風の中、2人がかりでバイクを移動。
「すんませんね〜」
「いまこの木が倒れてきたら、即死ですよね!!」
そんなトークが全然冗談じゃない感じ(^^;

「家、どこっスか?」
「伊豆高原っス。」
「送って行きますよ。」
「マジっすか?」

「近くの工場に勤めてるんスけど、大丈夫かなぁと思って、見回りに出てたとこなんすよ。」
「工場で、ラジオ体操とかってやってないんスか?」
「ラジオ体操は、やってないっスねぇ、、パートの人がほとんどなんですよねぇ」
「そっスか、、僕ヨガやってるんで、良かったらみんなでヨガでもと思って」
「あぁ〜、ヨガっスか…」
必要ないようだ。家着いた。

「ありがとうございます。お茶でもどぉっスか?」
「あ、まだ見回ってきますから。」
「そうっスか、、お名前だけでも」
「いや、通りすがりのモノっすから、、」

かっこいい!!車には「(株)伊豆リネンサプライ」って書いてあった。きっといい会社だ。もし将来ペンションでも始めたら、タオルやシーツの洗濯は、ここに頼もう。その前に自分のビチョビチョの服を、まず洗濯だ。たまに痛い目に遭うのと世話するのは好きな方だが、世話になりっぱは特に好きなわけではない。どっかで巡り巡ってくれ。