懐かしくて新しかった「特選街」

ed1257d3.jpg

妻の実家から渋谷に戻る帰り道。東村山駅前の本屋で、何年かぶりに雑誌「特選街」を買った。「大人の」は付かない。

カメラやメカやアキバが好きな子供だったので、時々買って「買った気に」なっていた。「大人が物を買う時の指南書」なイメージだった。

今朝、新聞の一面下の広告欄に「特選街」「大人のハワイ」「Sundari(ライト感覚なスピリチュアル雑誌?)」が並んでいた。

ちょうど今の自分に必要そうな特集が並んでいた「特選街」を、久しぶりに、買って開いた。紙の質感もレイアウトやデザインも随分変わっていたけれど、確かに新製品情報も沢山だけど「いまあるモノ・使えるモノを生かす」記事が増えてる気がした。

片道3時間の通勤に慣れた身には、東村山から渋谷の40分は、あっという間だ。急いで読もうか(^_^;)

明日の神南プラクティスでの朝練クラスから、今年も「温故知新」目指して始めますm(_ _)m