アウタービューティー

d6d5c417.jpg

c155d1dd.jpg

今朝も「インナービューティー」に向かうプラクティショナー達。11/2から早朝ヨガタイムに販売開始の「ミホパン」。昨日のミホパンは「生で食べれるカボチャ」など永田野菜使用のプレミアでした。

11/20ごろからは、TYG×マニュプラ・コラボの「ヨガ手帳 Yoga-Techo 2009」が販売開始です。

・・・・・

インナービューティーの為の、アウタービューティーに、最近とっても興味があるらしい。

先日、中学・高校の同級生だった医者の友達に呼ばれて、以前クラスを持ってたIYC六本木近くのバーに行った。同級生の先輩の男性がヨガを始めたいらしく、その先輩の会社の同僚の女子も3人いらした。

その会社は、表参道でクリニックや化粧品・サプリメントの販売をしているらしく、表参道あたりを歩く時にロゴは目にしてた。

女子達3人は、みんなとても小綺麗にしてる。僕は仕事がら(^_^;)化粧した女性に慣れてないし、美容業界にも全くウトい から、ちょっとドギマギしながら、いつも通り「飲み会的なヨガ教室」を開講した。

しばらく、女子達と話しをしてみた。みんな柔らかなソファの上で、背筋をピンとしたまま話す。「ヨガの先生役」で来たはずの僕が、一番ソファをズルズルずりおちている。

一人の女性は、人に合う時は必ず化粧をするのだと言う。「コンプレックスがある」のだと言う。

話をしていても「美」や「美容」に対する、思いや一貫性が通ってる。以前の僕なら「そんなん、めんどくさくね?」とツッコミたくなるもんだったけど、なぜかとても好感がもてた。

幼少時に体を動かせなかった僕は、大人になって、やみくもに体を動かして恍惚として、長い間痛みと付き合った。やみくもに瞑想して、変な所でおきざりにされた。痛みも、恐怖も、今となっては経験だけれど、お医者さんだった渡辺なんとかさんの「化粧」って小説を思い出した。

やっぱり話は、してみるもんだ。

明日はムーンデイですから、早朝クラスはお休みです。今晩19:00〜20:15の火曜アシュタンガヨガ初級者向けクラスには、ちゃんといきますよ。

00f1ce6a.jpg