アシュタンガヨガコース初回をふりかえって

昨日、第一回目となる「TYGアシュタンガヨガコース・レベル1」の、最終日が終了した。

受講生全員に両手で修了証を渡しながら、両手で握手をしながら、また新しいスタートが始まったことを「実感」した。

コースのはじめに、このコースの目指す所として

・多様性
・主体性
・客観性

というキーワードを使った。

主体性なくして、多様性を受け入れることなくして、真のニュートラルを体現することはできないと、僕は思う。

このコースは、伊藤先生と桜井先生との「ヨガバンド」だと思っている。

僕は、僕のやり方で、僕のサイズで、僕の中心を目指すけど、誰かと一緒に「自走」するのも、やっぱり楽しい。