ヨガするヒトの立ち位置

「ヨガインストラクターやヨガ業界の社会的位置」なんて、僕が考えなくていいのかもだけど。

昨日、松戸で歯科医院を営む中学高校の同級生に歯を診てもらったあと、一緒に行ったやっぱり同級生と3人で居酒屋に行った。

はじめは3人だけで、昔話で盛り上がってたんだけど、そこは松戸近辺の歯医者の溜まり場なのかしら、来る人来る人同級生の同業者で、いつの間にか座に人が増えてた。

ある、友人の先輩なのかな、ダンディな男性が僕の隣に座り、少し話をした。

その辺りからは、結構酔っていてあまり覚えてないのだけれど(^_^;)、なんか「上から」話されたような気がしてムカついたらしく「まだ牙は抜いてないんですよね」と言いながら気持ちにらんで、トイレに立った。Gacktかお前は(ToT)

10代の頃を知る友人達は「こりゃ始まった」と感じたらしく、2人でトイレに入ってきて「あいちゃん、帰ろう!」って(o^∀^o)

ちょうどそのちょっと前、同級生3人で話してた時に、以前ある女性が「付き合うなら、ヨガインストラクターより洋服屋さんの方がいいって、女子なら誰だって思う」って言ってた話をしてたのも、友人達がトイレにきた理由の1つだろうな。

広尾に住む同級生の、高そうなBMWで送ってもらった。

ヨガインストラクターは、まだまだ「喰えない職業」だ。僕も、たまたまお金のかからないライフスタイルとってるし、助けてくれる人がいるから、なんとか生活できてて本当にありがたいしラッキーだけど、決して収入は高くない。

5、6年位前に「ヨガインストラクターです」って人に言うと「飛べるんですか?」ってよく失笑された。さすがに最近はないけど。

どういう環境があれば、たくさんのヨガインストラクターが「喰える」ようになって自立・自走できるのか。

「ヨガの業界」の人間が、どうやったら「バカにされない立ち位置と生活水準」を持てるのか。

自分やTOKYOYOGAの活動なり実験を繰り返しながら、ずっと考え、試行錯誤を続けてます。

「おいおい、誰もバカになんかしてないよ〜」

「ヨガって、他人と比較するもんでも競うもんでもないでしょう〜」

「自分が気持ち良ければ、社会的立ち位置なんて関係ないでしょう〜ヨガなんだし〜」

って聞こえてくるけど、その声を言い訳や逃げ道に使った時に、その声自体が「ヨガを、妙に特別なもの扱い」に、「ヨガする人を、妙に特別な人扱いに」してく気が、そこに誰かがつけいる機会を与える気が、ヨガの現場にいる僕にはしてます。

もちろん、僕にとってヨガは特別なものだし、本物で特別なヨガの人もいるんだろう。それでも、なんもしなかったら、やっぱり水は低きに流れ続ける。それに「反抗」するのも、普通の人ができる、ハタヨガのやり口の1つなんじゃない?

アメトーークで、バッファロー吾郎の木村さんが飲み会で「俺がお笑いを変える!」と立ち上がった瞬間にギックリ腰になってその場に倒れた話を聞いた。

1人で出演していた相方の竹若さんが「お笑いの神様が「おまえじゃないぞぉ〜」ってギックリ腰で木村を座らせた」って笑いをとってた。

いい話だな〜。あると思います!