ヨガジャーナル・コンファレンス@SFの2

もう写真やら動画やら素材が溜まりっぱなしで、アップするのに追われて楽しめないのも本末転倒なのでどうにもこうにもですが、取り急ぎ現状んな感じです↓

hitohito.jpg

なにしろ人が多い。

で、入場券を手に入れるまでの2分半。
ラストネームのアルファベット順に分かれた列に並びます。


本名「MAMORU=護」でバリバリ東京生まれ東京育ちの日本人です。Mが2回にRが入ると、名前のスペル伝えるだけで時間もエネルギーも使うので、chamaにしてから楽になりました(^^

今回、僕はヨガジャーナル日本語版編集部の小間使い(ほぼ役にたたない)として参加させてもらったので、狭い受付前でそれでなくても半端無く荷物が多くて邪魔なのに、受付でなんやかんやとご面倒おかけ致しました。。。

yj_bag.jpg

ヨガDVDが二枚入ってたり、お菓子やらお茶やらチラシやら、なにしろいろいろ入ったヨガジャーナルエコバッグをくれる。

今日はデビッド先生の一日講座「Through the Eyes of a Teacher 」を受講しました。

devid2.jpg

「髪がある頃」と松山千春ばりのお決まりジョークと共に、1970年代の自分のプラクティスの動画をMacBookProで見せてるデヴィッド先生。やっぱすげーんな。

devid.jpg

デヴィッド先生は、9月に久しぶりに日本に来ますからね。東京、大阪、広島でワークショップやらTTしますよ。詳しくはTYGホムペで、近日発表。

ちなみにデヴィッド先生に1971年あたりにアシュタンガメソッドを伝えていた、ナンシーギルゴフ先生の東京WSは、5月の7,8,9日です

去年のヨガフェスタ横浜以来にあった、アシュタンガヨガ・オーサライズドティーチャーのサシャとピース

sasha.jpg

午後のワークショップは、ずっとサシャとペアワークでアジャストしあいながら、お互いの知見を交換しあいました。

ヨガジャーナル・タイランドの編集長、YUIさんと

thailand.jpg

今日は行けなかったけど、明日はみんなで、一緒にディナーしましょうね。

yj_ex.jpg

そして「ビートニックの聖地(ヨガジャーナルジャパン山田編集長談)」らしいCity Lighs Book Storeの前にたむろす、ヨガジャーナル日本語版の産みの親達。。。さっすが絵になりますね。。。でも僕サンフランシスコはじめてですから、置いてかないで。。。