感覚を愛しなさい(「超訳 ニーチェの言葉」より)

感覚や言葉を、下品だとか、不道徳だとか、偽りだとか、脳の科学的反応にすぎないとか言って、自分から無理に遠ざけてしまわないように。

わたしたちは、感覚をあいしてもいいのだ。

感覚はそれぞれの程度で精神的なものになるし、人間は昔から感覚を芸術家し、文化というものをつくってきたのだから。

『力への意志』