最近のヒット2

今日で三日連続、計4回「はおつーや」さん(下記事参照))に通いつめてます(^^;

今日の昼の学校帰りには、ちょうど「ちゃまぐ見て来ました」って生徒さんと店前でバッタリ会いました。夕方に春巻き買いに行ったら、昼に連れてった生徒さんが、またいました。

で、はおつーワールド広がるのも結構だがナンシーのアジャストメントクリニックはどうなのって、ナンシーはもちろん最高なのですが今回の通訳、寺口由美さん(ティップネスとかアチコチで教えてて、BeatyYOGAってヨガムックの監修者でもある、ヨガイントラ)がまたいいじゃないですか。

ぶっちゃけ「由美ちゃんはアシュタンガをメインにやってないから、どうかしら?」って思ってましたがm(_ _)m、ポイント押さえてて簡潔だし、だいたいいつも和やかに落ち着いてらっしゃる。この前マチュピチュにシャーマンと行ってパワーも充電してきたみたいで、こちらも今回のヒットです。タケシ君やユイコ先生はじめ、ヨガワールドは英語堪能な方も多くてとても助かるのですが、できるだけ自分で直接理解したいなぁーと、そっちの学習意欲もワークショップの度に増加中です。

50e222f3.jpg

0e2742ea.jpg

700fcaa6.jpg

ひさしぶりのヒットなベジ屋さん

いま、また池尻の学校にヨガ教わりに行ってるんですが(下記事参照m(_ _)m)、ひっさしぶりのヒットです。「はおつーや」さん。ハウツー屋さんでもよさそうですが(はおつーって美味しいって意味ですよね)WEBサイトも「haotsu-ya.com」ですから、まちがいありません。

バイクで学校から帰宅途中に「菜食弁当」って目に入ったんで「"菜"ってついてても、普通の中華屋さんなんだよなぁー、だいたい」レベルで、でも相当遠回りして戻って(^^;行ってみたんですが、台湾素食をベースに肉、野菜、化学調味料、保存料とか一切使ってないお弁当屋さんでした。で、うまい!!変な味がしない!結構大きい弁当パックに、惣菜3種(5種のからピックアップできます。)と、点心を数種から一個ピックして、ご飯ついて、なんといまどき?500!!少し少なめの小サイズなら、?450!!安い!!!多分ご夫婦で経営されてると思うんですが、人柄良さそう!!和む!!久しぶりにビックリマーク打ちまくりで、昨日と今日と連続で弁当買いに行ってしまいました。

東急田園都市線『池尻大橋』駅の『北出口<大橋二丁目>方面』の階段を上がって目の前です。

ナンシーギルゴフ・ティーチャーズトレーニングつか

アシュタンガ・ヨガを30年以上練習かつ指導してらっしゃる、ナンシー先生が東京に来てますね。先週はワークショップ、今週はティーチャーズ・トレーニングをやってまして、僕もそれに参加してる「インプットタイム」の最中でして、自分の中で多少の消化をしてからアウトプットしたいと思ってます。(今年に入ってからインプットしてばっかなのですが(^^;)

先週のワークショップは、ポーズについてはアシュタンガ・ヨガ最初のシリーズ、プライマリーシリーズに限られました。肋骨の動きやバンダ(骨盤底あたり引き上げたり下腹部ひっこめたり)の使い方とポーズとのコンビネーションで、いままで試した事の無いアプローチをトライさせて頂いたのが、最近自分の練習の中で引っかかっていたトコロとかなりのシンクロをしていたので、勝手に何歩か進んだ気になって悦に入ってます(^^;

またナンシー先生は30年程前、アシュタンガ・ヨガの構築者でありメインの先生であるパタビジョイス師を、彼女のパートナーだったデビッド・ウィリアムズと共に最初にアメリカに招聘した人でもあるのですが、そこに至る経緯やその前にインドで受けたグルジからの指導、またアシュタンガ・ヨガ・コミュニティーが大きく広くなっていく中での指導法の変化や現状に関する意見など、彼女ならではのお話が聞けて楽しかったです。

夕ご飯を一緒に食べる機会があったのですが、ここぞばかりにガンガン質問コーナーさしてもらって(^^; もホント嫌な顔一つせず真摯に誠実に、いま僕が歩いて探してるおそらくその先の道の向きと足元を、示してくれた気がします。す。ナニゲに写真撮っておいたのが、もうすぐ出るYOGAYOMU(tokyo-yoga.comで発行してるヨガのフリーペーパーです。ヨガスタジオやヨガっぽいお店等に置いてもらってます。)に使えたんで、やっぱりカメラ持ってっといて良かったです(^^;

いまはティーチャーズトレーニングつかアジャストメントクリニック(私には教える許可を与える権利は無いって事で、こう呼んでるとこがナンシー先生らしいです。)に参加しているのですが、彼女のアジャストは、なんか導き系つか「あ、(いろんな意味で)こっちの向きなんだな、きっと」みたいな感じを受けて、経験の深さが染み入ってくるフィーリングです、フィーリング。理屈じゃなくて。

彼女がアシュタンガや他の様々な要素を通じて導かれたダライ・ラマ師が来月いらっしゃるのに妻と一緒に行くので(WEBでの申し込み開始すぐに即効予約したのに、席が(Aから始まって)I列だったってナンシーに話たら、どこの国でもすぐ売り切れちゃうって)ちょっとその先も垣間見てきますね。

阿久津青果店さんにて

原宿ヨガ荘の住人ご用達の阿久津青果店さんって八百屋さんが、神宮前2丁目商店街にあるんですね。いまそこでアボカドとイヨカン買ってきたんですけど、先日ルルレモンのオープニング・パーチーでのライブが始まった後に「あれ?昨日のリハーサルより、一人多いな?」って気づいてライブ中に初対面のご挨拶をした(^^;清水さんってジャンベの方がいらしたのですが、その清水さんが阿久津青果店の看板娘の彼氏と発覚。「ルルレモンってとこでライブしたんだけど、chamaさんって知ってる?」「知ってるもなにも、ウチの裏。」みたいな会話の糸口だったようですが、清水さんはその後ヨガっぽいポーズをしてたとか。

看板娘は以前に渋谷のセンター街でクラスやってた時に来た事があって、いまは寒いとか時間が合わないとか理由つけて(^^;やってないみたいです。みんなで一緒にやるよりマイソールクラス向きらしい独立心旺盛そうな看板娘m(_ _)mが、また始めるのかどうかは兎も角、大きな世界と繋がったり自分や道と思いっきり向き合うヨガもいいけど、こんなご近所フィーリングで繋がれるような身近なスタイルのヨガが残ってもいいよな、と単純に思いました。