マイロハスって雑誌で

(渋谷スタジオ神南プラクティス、略して)神プラに通ってるJ子ちゃんが「ヨガ日記」の連載を始める(勝手にお世話宣伝)らしくて、「ヨガと痛み」について聞かれてメールしたんですけど、なんとなく参考になる人もいるかなと思ってブログにも出してみます。あ、あと今出てる「東京ウォーカー」に伝説の芸人「ほっしゃん。」のアシュタンガ・ヨガ体験記が載ってますが、僕は椅子に体育座りしてヨガ教えることはないです(^^; あ、えぇ〜い!ついでだ6・1発売のブルータスは「みんなのヨガ」特集ですね。付録DVDのインストラクション等で参加させてもらいましたが、前田さんはじめ皆さん、お疲れさまでした!!打ち上げでねぇ〜。

——————————————————–

ヨガ始めて「痛み」を伴う事も多いと思います。最初は今まで運動とか全然してなかった人が急に頑張っちゃって筋肉や関節を刺激された痛みとかダルダル感とか、ありますよね。これはヨガを続けていけば、だんだん体が慣れて減っていくでしょう。でも続けた後も痛みが続くと、だんだん不安になってきますよね。

こういう「痛み」にもいろいろあって、「良い痛み」これは体が開いていく過程で通る痛みや、昔の忘れてたりする体へのショックや時には精神的なトラウマが、痛みとして現れてくる時。これは、かかる時間は人やケースによって違うけれど、時間とともに少しづつ解消していくと思います。

「悪い痛み」これはヨガのポーズの取り方が誤っていたり、その時点では進むべきで無い難しいポーズにまで手を出してしまったり、練習量が多すぎたり、誤った方向や過剰な負荷をかけて起こる痛み。このケースだと、やればやる程痛みを増す場合もありますよね。

最初は特に、自分が今経験している痛みが「良い痛み」なのか「悪い痛み」なのか分からないのが、一番みんなを不安にさせるんだと思います。僕が思う向き合い方としては、

・自分の体を、良く観察しながらポーズを取る。自分の内側や、その変化を意識しながらポーズの練習をしていないと、痛みの原因も経過も分かりづらいし、だいたいヨガがただの体操になっちゃうし。

・決して無理をしない。最初はカッコいいヨガポーズとか決めたくなるし、ポーズができるようになる事で得られる「自信」は自分を進めてくれるけど、今の自分に必要の無いアドバンスなポーズまで手を出したり、ともするとそれが誰かに勝ちたいからだったりすると、いろんな意味で「悪い痛み」に拍車がかかりますね。自分のペースで、ゆっくりゆっくり。ヨガは逃げませんから。

・大体みんな同じような道を通ってるから、先生や、いろんなヨガ友に聞いてみる。その為にも、いろんな人と仲良くなっていきましょう。「ヨガ=繋がり」、こんなのをきっかけに「自分の関係性能力」が深まって不安や恐れから解放されれば、それこそ「良い痛み」ですよね。

「初めてのアシュタンガ」ワークショップ、追加しました。

5・29(日)の「初めてのアシュタンガ」ワークショップが定員になりましたので、追加講座を設けました。

「初めてのアシュタンガ」 
6・5(日)6・14(日)
14:00〜17:00
場所: 神南プラクティス(渋谷)
講師: chama
定員: 10名
(初心者の方に限らせてくださいm(_ _)m)
受講料: ?6,000

です。よろしくお願いします。

オームウォークしてみて。

tokyo-yoga.comでは「YOGAYOMU/ヨガヨム」ってヨガ周りのフリーペーパーを去年から発行してまして(宣伝)それのデザインとか企画とかなんちゃらしてるエリちゃんは、去年北インドのヨガ合宿時もアチャコチャでデジカメにデザインを収めまくってた「オームマーク・フリーク」なんですね。

そのエリちゃんがデザインした「ウォークオーム・マーク」、歩いてる人みたいに見えるんでそう呼んでるんですけど、それを最近tokyo-yoga.comのロゴに使ってて調子こいてステッカー作ったんですよ。カッティングシート・屋外可バージョン、かなりちゃんとしたなんで、ほぼ原価でも一枚?1,000と超高いステッカーになっちまいましたが、かなり僕は気に入ってるんです。

2dbceea7.jpg

んでバイクの後ろに張ってある「ウォークオーム・マーク」見ながら同じカタチになる練習してたんですね。「TIMさんもこんな練習してんだろうな。ヨギだな。」とか思う余裕もなく(結構ポーズとして良かったんで)集中しまくって洗濯物干してる奥さんにポーズ指導うけながらやってたんです。

で当然そのまま歩いてみるわけですが、腕の回転の仕方によってはオラウータン系要素も入りますが、この「ヴィラバドゥーラ(英雄のポーズとかも言いますね)ウォーク」もカラダの横を呼吸に合わせて調子よく伸ばせて気持ちよいながらもかなりキつくもできて、いいんですね。アシュタンガ・ヨガの場合はスーリヤナマスカーラBって一連の流れの中でヴィラバドゥーラ・アサナをする時に後ろの足=前に歩かない方の足の踵を内側に入れるんですけど、手を上げっぱなしでやるとその辺のタイミングとかバランスが微妙で、自分の中の探りがいがあるみたいな。こりゃ「英雄の行進的ウォーク」とはいかんぞと。

最近、ヨガのワークショップもあちらこちらで行われるようになって、海外からやってらっしゃる方を含めて、いろんなインストラクターの方のいろんなアプローチに触れられる機会が増えました。

で、情報が増えて、混乱して(^^;「誰の言ってる事が正しいんだ?」的疑念で、アシュタンガで言えば「動く瞑想」としての練習の質が落ちたりして。

これもアシュタンガで言えばだけど「(静止状態の)一つのポーズ」の理想に近づく練習の方向性な時もあれば、重心の移動とかバランスの変化とかの「移行」に、その時の練習の優先順位が移っていく時もありますよね。

もちろんヨガ全般もそうだけど、アシュタンガ・ヨガをやる事で結果として得られる恩恵にも、ホントにいろんな事があると思うんです。で、その受ける恩恵も人によって少しは違ってて、そんなのも練習におけるプライオリティーつか、その人の中でのその時の順番を変えたり固めてったりして、メディテーションを深める作法だったり、デザインとしてのバランスとしてのカタチだったり、体への癒しや浄化だったり、クラスとかの場所を媒介にしたのまで含んだコミニケーションのツールだったり。

で、そんな練習を繰り返して「その人にとってのアシュタンガ」が澄んできて、それが指す方向に「自分の練習」が現れて来るのかな、と思いました。

100万人のキャンドルナイト 2005夏至

下記リンクを参照して頂いて、
1000000人のキャンドルナイト

そんなんで神南プラクティス・6/21(火)の18:15〜ベーシック・クラスと20:00〜のレッド・クラスは「キャンドル・ヨガ」バージョンでやります。スタジオ来たら暗いんで「今日やすみ?」「潰れたかっ!?」等の心配は無用です。ただ火の元には心配してくださいね、おうちで参加する人も。