ルールを守れば。。

今日は嬉しかったなぁ。マイソール・AYRIのシャラで(アシュタンガ・ヨガの総本山です。)初めてセカンドシリーズ最後までやれた。つかやっちゃった、だな(^^; それでもエキサイティングな気分で、家帰って即効コレ書いてます(^^;

今回マイソール来て、一週目はみんなプライマリーでカラダを慣らすのが決まりで、僕は2週目の最初の日に「プライマリーシリーズやった後から」セカンド入るようにシャラートに言われ、その通りやってました。でも途中で止められちゃうから、その後はバックベンディング。その人のカラダの進み具合や調子によっては、最初の何日かはバックベンドさせないで、すぐにフィニッシング=ショルダースタンディングをさせたりもしてますね。

で、2週目、3週目、4週目、シャラートはホントに良く見てるから、必要な時(基本的には与えられてるうちの最後のポーズのみ)はアジャストに来てくれて、時々それも必要ないときはノーアジャストなんだけど、立ってやるバックベンディングの補助は、必ずしてくれます。

で、今日はいつもソコまでで止められてるポーズやった後、次のポーズに「勝手に」入って「コッチから」止まってみたんです(^^; 積極的だか消極的だか微妙なラインで、「完全受身→若干主張」モードに切り替えてみました。しばらくポーズ状態でいたらアジャストに来てくれたから「ラッキー!!」って感じで、そのまま調子に乗って進めました。もちろん先生方も、そんなに甘くは無いから、目が合っちゃったら止められちゃうかもしれないんで(^^;、ワキメも振らず練習できて、いつもより集中できてたりして。

結局最後までストップされなかったんで、プライマリーとセカンド合わせて2時間オーバーシリーズだったけど、勝手にやっちゃった。楽しかった。明日はわかんないけど(^^;

新しいポーズが取れるのは「結果」だから、ヨガ的に言ったら、それ自体は大した問題じゃないんだろうけど、単純に嬉しいし、自信には繋がりますね。場違いだったりカン違いな自信は、「外からは」なんだかなーって僕は思っちゃうけど、だから「("その先"も含めて)分かって、見てくれてる」人が必要なのかもね。

僕は、アシュタンガを毎日練習しだしてから3年間、プライマリーシリーズだけやってました。2年練習した後にマイソールに初めて来て、その時は、その時点で僕が感じれたレベルだけど「プライマリー・シリーズが、なんとなくカタチだけはできる」つもりで来ました。一ヶ月位いて、途中で体調崩したり腰とか痛めたりしながら無理して(^^;練習して、結局セカンドのポーズは貰えなかったから、その後日本に帰って1年間はプライマリー・シリーズだけを続けました。「アシュタンガ・ヨガの練習としてではなくて」セカンドのポーズとかの練習は、時々したりはしたけどね。

で、ある、30年以上アシュタンガを教えているインストラクターのお話を聞いたり、自分でも考えて、セカンドの練習を「ルールを破って」4年目から始めたんです。最初にアシュタンガ始めた時に、プライマリーシリーズを、なんだかワカンナイなりにやってた時みたいに、手探りで。

そういえば、この前シャラであったコンファレンスでグルジは「とにかく1000回のプライマリーシリーズをやれ。それからだ。」って言ってたんだな。

最初にアシュタンガ・ヨガを、「アシュタンガ・ヨガとして」教え始めた時も、グルジにOK貰った状態じゃなかったから、教えながらもなんか後ろめたい感じがあった。マイソールでグルジに東京で教えてるって事後報告して、教えてもいいよって「口頭で」だけど言ってもらったときは、肩からいろんなもんがたくさん落ちた。今回も日本に帰ってからセカンド練習する時、ちょっとは楽になる。

もちろん「イケイケ最高!!やっちゃったもん勝ちだぜ!!」って話じゃないよ。前回のブログに転載させてもらったダライラマのスピーチにある、
「適切にルールを破る方法を見つけるために、ルールを学びなさい。」
に、良く似たお話かと思いました。来週、日本帰ります。

ダライ・ラマ師のスピーチが

にゃんでかメールで送られてきたのですが、今年の両国国技館に拝聴しに行った時よりも感動させていただいたので、転載オッケーらしいので転載します。

今回マイソールに一緒に来た荷物の重量の4分の3位は書籍類と取材道具なのですが、言葉、文字って伝達手段の基本中の基本、やっぱすごいですね。で、ぱっと見、金のネックレスとか似合っちゃいそうなお顔立ちのダライラマ師(親愛を込めてですよぉ〜、僕のノートパソコンにはダライラマ師のシール貼ってあるし。)、やっぱすっげーなぁ〜。

————————————–

1.大きな愛や仕事には大きなリスクがつきものだということを考慮にいれなさい。

2.あなたが勝利を失っても、そこから学んだことを失わないようにしなさい。

3.あなた自身を敬う気持ち、他の者を敬う気持ちを持ち、あなたの行動に責任を持ちなさい。

4.あなたが欲しいものを得られないということは時としてすばらしい幸運のめぐり合わせであることを忘れないように。

5.適切にルールを破る方法を見つけるためにルールを学びなさい。

6.小さないさかいが尊い友情関係を傷つけることを放っておかないように。

7.あなたが間違いを犯したことに気づいたときには、それを正すための手を即座に打ちなさい。

8.毎日いくらかの時間は一人で過ごしなさい。

9.変わることに寛容であっても自分自身の価値観を失わないように。

10.沈黙は時として最高の解答だということを忘れないように。

11.良き真実の生を生きなさい、そうすればあなたが年を経て振り返ったときに、あなたは再びそれを楽しむことが出来るでしょう。

12.家庭での愛にあふれた雰囲気はあなたの暮らしの基盤となるものです。

13.好きな人と口論になったときに、現在の状況だけについて問いなさい、過去のことは持ち出さないように。

14.あなたの知識を分け与えなさい、それが不死に達する道です。

15.地球を優しく扱いなさい。

16.1年に1度は以前にあなたが行ったことのない所に行きなさい。

17.最高の人間関係とはお互いを愛する気持ちのほうが、お互いを必要とする気持ちよりも勝るものであるものだということを忘れないように。

18.あなたが成功を得るために諦めなくてはならなかった物によってあなたの成功を判断しなさい。

19.愛と料理には奔放に当たりなさい。

ベジタリアン・フェスタ

今日はレッドクラスの日曜日だったのですが、朝バタバタして開始時間5:00のちょい前に到着したら(住んでるトコ、シャラのすぐ近くなんだけど(^^;)イッパイだったんで、玄関スペースにマット敷いてたんですね。

したらシャラートに「こっち来い(基本、命令形)」って言われて、グルジの座ってる壇上の椅子の横へ連れてかれ、「ヨガマットのスグ前10cmにグルジが座ってる椅子」って環境で、グルジの足みながら練習させてもらいました。

すぐ目の前にグルジいらっしゃるので、立って足を前に伸ばすポーズとか、少し下がった上に35度位斜めってポーズ取ったり、頭で逆立ちするポーズしてる時「もし僕が倒れたら、グルジどうなんのかなぁ?」とか妄想したり、かなり楽しめました。

今、シャラの近くにあるコギレイなネット屋の2階にあるレストランに、LANケーブル回してもらって、バナナジュース飲みながら更新してるのですが、外で食べる時は「なんちゃらモンチョーリアン」って野菜とかを中華風唐揚げみたいにしたのが南インドではありますけど、ゴビ・モンチョーリアン(ゴビ=ブロッコリー、ゴビンダの唐揚げじゃないよ。揚げられながらマントラ唱えてそうだ。先週、メイちゃんとマイソール出ました。)とか屋台でも10ルピー(25円位)で食べれて、そんなの良く食べます。

土曜が練習休みだから、金曜は夜ご飯をたくさん食べれるので(これは日本でも一緒のパターンなんですが)そんな時はパニール(インド版カッテージチーズ?よくほうれん草とチーズのカレー=パラク・パニールに入ってる淡白な奴)とか食べて、タンパク質の補給をしたりします。

先週位から自炊に変えつつありまして、果物が安いから良く食べてるんですけど、最近フライパンも圧力鍋も買ったんで「いつまで待っても固い」アボカドをアーモンドとかとギーで炒めたり、キャベツとピーマン炒め(キャベツもけっこー固いので念入りに炒める必要があるのですが)にピスタチオ(ナッツ類はけっこー高いけど、ピスタチオは安い方。アーモンドがカシューとかより高いかな)とかマッシュルーム(皮を剥がしづらい)混ぜたり、とか主食になりつつあります。

↓東京にいたら、ヨガ荘とスタジオのちょうど中間なんで、ほぼ行ってました。

———————————————–

8/28-9/4 Tokyo Vegetarian Week Festival 2005
http://www.tokyovwf.com/

A各主催者によるベジフェス参加企画:都内各地
例年通り飲食店や書店でのイベント、フェアが計画されています。
別途、参加企画を募集いたします。

B 事務局主催企画:青山・国連大学および東京ウィメンズプラザ周辺施設
地球環境パートナーシッププラザ・ギャラリー(国連大学ビル1F)での約3週間にわたる展示を中心にワークショップやセミナーなどが行われるほか、9月3日、4日を中心にレクチャープログラムや菜食パーティー、展示や販売などのマーケットを開催いたします。

概要は以下の通りです

■ 8月20日(土)〜9月10日(土)
10:00〜19:30(火〜金)、10:00〜17:00(土)日・月及び8月26日休館
展示:「食のオルターナティブ-健康、環境、社会のための菜食」
Exhibition: ALTERNATIVE DINING- Vegetarian Diet for Health, Environment, and Society
於 地球環境パートナーシッププラザ・ギャラリー
入場無料

本展示では、自身の食を見直す契機として、肉食や菜食が健康、環境、社会の健康にどのような影響をもたらすかを、パネルや映像、オブジェなどでわかりやすく説明いたします。 アクションプランとしてベジタリアン・フードの展示や試食を行います。

■ 8月27日(土)13:00-15:00 オープニングセッション
パネルディスカッション「これからの食事とは?-食品開発の新しい潮流」
於 地球環境パートナーシッププラザ・ギャラリー
事例報告A 「新規ベジ食品開発プロジェクト」(某大手食品企業)
事例報告B 「十人十色-私のベジタリアンライフ」
定員 30名

■ 8月31日(火)18:30-20:30
ワークショップ「あなたが求める野菜の見つけ方」
於 環境パートナーシップオフィス・会議室
コーディネーター 今津亮(東京農大生・ジュニア・ベジフル・マイスター)
定員 30名

■ 9月3-4日 10:00-17:00 東京ベジーマーケット
カルチャーサロン青山(青山ブックセンター本店併設施設)
企業・団体・個人による、ベジタリアンライフに役立つ商品の販売や情報の展示
入場無料

■ 9月3日(土)10:30-13:30 精進料理セッション: 基調報告+招待講演
於 国連大学ビル2Fレセプションホール
1)基調報告:宮澤由彦(北海道大学大学院農学研究科博士課程生・TVWF事務局代表)
 「本展示の趣旨:食のALTERNATIVEを考える」
2)招待講演:高梨尚之(大本山永平寺東京別院・長谷寺典座)
  精進料理の試食付
定員 80名

■ 9月3日(土)13:45-14:15 メッセンジャーが教える街乗り自転車整備教室
環境パートナーシップオフィス会議室
参加費 無料 定員30名
健康にも環境にも良い自転車(ベジーな移動手段!)整備のいろはをプロが教えます。
協力:T-Serv

■ 9月3日(土)14:30-16:00 レクチャー:玄米菜食
於 コスモス青山B2F サンクンガーデン
「菜食が地球を救うー日本型食生活のすすめ」(講師 井上明(〔株〕玄米酵素主幹、日本綜合医学会理事)
定員 60名

■ 9月3日(土)17:40-19:40 耳で聞く宮澤賢治作品:朗読と解説
カルチャーサロン青山(青山ブックセンター本店併設施設)
解説:鶴田静(菜食文化研究家)
朗読:あがた森魚(ミュージシャン)

■ 9月4日(日)09:00-12:00 ビジテリアン大祭記念祭
東京ウィメンズプラザ・ホール
1)朝のエクセサイズ:ウォーキング体験 
  園道朱実(日本ウォーキングセラピスト協会理事)
2)記念講演

記念講演:「子どもたちによい食事を-米国のベジタリアン事情とスクールランチプログラム」
講演者:シェリ・デマリス
(ホリスティックヘルスカウンセラー、マクロビオティック料理研究家、テレビショー「Tea with Sheri」主宰)

■ 9月4日(日)12:30-13:30
東京ベジーライド:メッセンジャーとめぐる青山ベジ-スポットツアー
コスモス青山駐輪場集合・解散
参加費 当日500円(保険料、飲み物込み)
青山周辺のいくつかのベジースポットをメッセンジャーの先導でゆっくり走って回ります。自転車持参。レンタルあり(台数限定。予約優先)。
協力:T-Serv, Re/Bike

■ 9月4日(日)13:30-15:45 グランド菜食パーティー
un Cafe(国連大学ビル裏)
1)出展者、ゲスト紹介
2)ライブ「音の音楽化計画サイクリングライブ」
  「音の音楽化計画」を提唱するミュージシャン、酒井崇の自転車サウンドライブ
3)大抽選会
協力していただいた各社からご寄付いただいた品々の大抽選会です。
豪華商品が当ります。

宣伝

今のマイソールは、昼は適当に暑くて、夜は肌寒い程度で過ごしやすい気候です。
マイソールのご飯屋さんは、どこで食べても大抵おいしいのですが、一階に住んでる大家の孫シャラート18歳の友達に借りたスクーターのエンジンを僕にはどうしてもかけられそうなく、歩いて3分以内にご飯屋さんは無いけど八百屋さんはあるので、先週から自炊生活に切り換えました。阿久津青果店さん、あと2週間だけ浮気します。

で、(有)tokyo-yoga.comより、宣伝です。失礼m(_ _)m

ヨガ・ショップからご要望の多かった進化形ヨガラグSKIDLESS、ECO YOGA製JUTE MATお取り扱い始めました。3点セットもあります。3mmマット+SKIDLESS+エコバック=?10,000(税込)、JUTE MAT4mm+SKIDLESS+エコバック=?15,000(税込)

○“神南・夏やすみ帳”(有)tokyo-yoga.com社員が社長不在の「鬼のいぬま」に書くブログ。 BY:神プラ・ヨガ番長かずみ 始まりました。

ナタリアワークショップ・アジャストメントクリニック@神南プラクティス 日時:8月7・14・21日(日曜日)17:30〜20:00 料金:4000円 予約:いりません 定員:先着20人
詳しくはたけし takeshi@yogainfo.jp 

ナタリアはパタビ・ジョイス師にアシュタンガヨガの正式認定(authorized)を受けていて、また彼女は現在マドリッドで一番古く、有名なアシュタンガ教室を主宰しています。プライマリーシリーズの詳細が説明されます。また生徒はお互いに実際にアジャストをしながら正しく効果的なアジャストの方法を学びます。フルプライマリー経験者が望ましいです。※この時間はオープンプラクティス&ヨガ・ショップはお休みです。

アーユルヴェーダクラス内容更新しました。
8月2日「アーユルヴェーダとは?」/8月9日「体質について8月16日食事について」/8月23日「スパイスについて」/8月30日「対処方法(冷え・腰痛・・・)」

成田〜マイソール

おとといマイソール着きました。
後で写真とか付けますけど、簡単に到着経過。

7/31(日)
12:00発予定の飛行機が14:50に出発。1500円の食事券が支給される。
デリーで1時間程の飛行機内待ちが、4時間待ちになる。
20:00着予定のボンベイに、翌日4:30着。

8/1(月)
もろもろあちこちで揉めたりしながら、6:30ごろボンベイ発、8:00頃バンガロール着。

僕は着いたけど、荷物は届かず。エア・インディアの人達、そりゃキレそうになるくらい大変なののも分かるけど、やっぱり態度が官僚的・高圧的に感じてしまうし、もろもろ態度とシステムに誠意が感じられない。

出国前から「そうだ、インドに行こう」的ブログを書きたいがために色んなトコで写真も撮って準備してきたが、ここは「そうだ、エア・インディア以外でインドに行こう」に変えるべきかと真面目に考える。ここは変化してもらうべく草の根から動いた方が、将来的にはインドにお金も落ちるはず。

ヨガマットも預けてもうたので、この日はバンガロール泊。

8/2(火)
午前中にまた空港へ。まだ着いてない。バンガロール駅近くで200ルピーのバックパック購入、成田の三省堂で買った10冊の重い本と、やっぱり荷物が着かなかった初めてのインドな看護学校生2名と共に、電車で4時間程(70ルピーちょい+スリーピングカーにいたから後で70くらい取られた)のサイババ・アシュラムに行く。深夜着、アシュラム近くのゲストハウス泊。

8/3(水)
ヨガマットないから極柔マットレスの上での特別練習後、早朝サイババ詣で。

短パンでは入アシュラムの許可されず、入り口の向かいの服屋で白の上下買う。

入場管理担当の方に、「何人くらい住んでるんスか?1000人以上?」って言ったら鼻で笑われ、「ミニマムで10000から15000人、100カ国以上。」って言われる。

確かに、オートリクシャで来る時に通った道だけで、幾つかの学校(日本の小学校とか中学校とかのレベルの、ちゃんとしたやつ)があったし、病院は今まで見たことも無いビッグ&ゴージャスでマジお城みたい、バンガロールにあるもっとスゴイ病院(そこもタダ)では、一日に何百(!!)もの脳外科や腎臓摘出等を含む手術が、これもタダで行なわれているらしい。

今、サイババは、ある学生のカルマを背負って4年ほど前に腰の骨折ってるそうで、アシュラムにはトヨタの特別仕様車で登場、朝は車から降りることなく退場。その後のバジャンの時は、一瞬だけ降りた。ゴルフ・カートで登場する事もあったらしい。

この辺の話は、JFKから来たんだけどやっぱり荷物が届かなかった、NYのサイババ・コミュニティに属してて今回訪アシュラム6回目のアンドウさんと、その時は話をしなかったけど職員にガンガン注文つけてるのを眺めてた空港以来2日ぶりにサイババ食堂で再会(?)した際に事情聴取。

アンドウさんは、今回はサイババ・コミュニティがNYで開く子供達用の劇の準備の為にいらしたそうで、プッタパルティ(アシュラムがあるトコの地名)観光情報を中心に、ヨガ・ラジオ=ヨガミミ用のインタビューにも気さくに答えてもらう。

ここでは、一人の(今の僕から見たら)人間ができる事の、可能性を感じた。
プッタパルティ泊。

8/4(木)
早朝プッタパルティ出発、バス(72ルピー)で4時間半、またバンガロール着、即効空港へ向かう。看護学校生のも、3人前のバッグが全部あった。あたりまえなんだけど、嬉しい。

4日間の(飛行機いれたら5日だな)、予定外な、彼女達にしてみれば最初のインド旅行を終えて、彼女達はポンデシェリー(インドの人達はポンデチェリーって言うみたい)へポランティアへバスで、僕はマイソールへ電車で向かうべく駅へ。

電車の時間がギリギリだったんで、チケット買わずに電車乗っちゃう(真似しないで)。インド、初キセルして、マイソール着。

オートリクシャで、シャラまで「60ルピー」の言い値で夕方到着。
グルジの娘のサラスワティが夕方クラスをやってる。シャラスが質問に答えてる。グルジが机でお金数えてる。あ〜、来たんだ。

ゲストハウス泊。

8/5(金)
マイソールの家、探さなきゃ。
アシュタンガ周りを中心に(?)、オウチ探し、レンタルバイクからレクリエーションまで「マイソールの相談役」シヴァのとこ行って、アパートの相談。

渋谷のスタジオで練習してる生徒さん達の多くもマイソールに来たがってるから、みんなも泊まれるトコを希望。

シヴァがベリーグッドな物件を一発目でヒットしてくれる。
2ルーム+リビングと、キッチン、バス・トイレ。
客室の内の一室は、部屋内にトイレ付、しかも洋式!!!
ホットシャワーの出も、すこぶるいいじゃない!!

一階に住む大家さんはどっかの教授らしいんだけど、家族みんな英語できて優しいし、特に10代と思われる孫の青年が、なんやかんやと親切に良く動いてくれる。

決定。とりあえず、一年借りる。

一部屋空いてますから、借りたい人は僕か
info@tokyo-yoga.com
にメールするか、スタジオで直接言ってください。
僕がいない時は、もう一部屋空きます。

1人利用の時は、一室4000ルピー(一万円位)/一ヶ月間
2人で利用する時は、一人3000ルピー/一ヶ月間
の予定です。

やっと落ち着いた。